2018年12月01日

デヴィ夫人

かのデヴィ夫人はいくつになっても色気があって、お美しい。
もともと「オンナ」の世界から世界に羽ばたいた人ですし、今も精力的になんでも挑戦してますね、見習いたいです。
スカルノ大統領に見初められて結婚したのは有名ですけど、
その前もサパークラブという、当時も、今も(今はないけど)、高級なクラブで働いていて、
そこは(昔の話ですから)男性の御接待もあったので、
そのために歯を全部抜いて入れ歯にしたのも有名な話です。

そんなデヴィ夫人が今もいうのは
「ハイヒールが勝負」というものです。
ハイヒールを履いていないとオンナがすたる、というものですね。

じっさい、ミス・ユニバースのアレンジをしてる人も
「ハイヒールを履いて生活しなさい」
って言ってるくらいなんだそうです。

私はハイヒールが苦手なので、まずもうここでミスには選ばれません(笑)。
普段からあんなもの履いて生活なんてとんでもない。
出掛ける時にちょっと履いただけで足が痛くなるし、慣れてきても嫌ですねー。

家でも履きなさいってことでしょ?ぜったい無理。

でも確かにデヴィ夫人は履いてますね。
ますますおキレイでいてくださーーい。
見てるのは好きです^^。

2018年11月01日

グリーンマイル

トム・ハンクスが主演の「グリーン・マイル」、、、もうだいぶ昔に見たのですが、
今また見たい映画です。
アメリカのその当時の刑の執行は電気椅子でした(今もか?)、
そこに行くまでの廊下が緑いろなのでこう呼ばれています。

ジョン・コーフィーという大きな男が運ばれてきますが、自分(トムハンクス・むろん、役として)の病気を治してしまうジョンにだんだん「こいつは無実なのでは?」と思うようになるんですね。
じっさい無実だったわけですが。
でもジョンは死んでしまいます、死にたかったんです。

日本の死刑の場所にもこんな廊下があるはずで、何色かどうかは分からないけど、
死刑囚はそこを通って市競馬へいくわけです。
嫌ですねー・・・・。

刑を執行する側も嫌なんだそうです。
3人とか4人が同時にボタンを押して誰の押したもので床があくのかは分からないようになってるそうで。
更にその日はそのまま帰ってもいいそうです、というか、帰らされる。

アメリカでも死刑はあって、もし死刑に失敗して生きていられたら二度と行わないそうですよ。
じっさいにそういう人もいるんですって。
ずっと刑務所で暮らすんでしょうねー。

「グリーンマイル」でもありましたが、お水を含ませないで電気を通したためにすざまじい匂いが出て気分悪くなる人もいて、でもこれってじっさいにアメリカであったそうなんです。

もちろんお水をわざとひたさなかったのではなくて、点検ミスだそうで。
なかなか死なず、死ぬまで相当苦しみ、また見てる人も匂いとか気分悪くなったのだとか。

どうしてアメリカは死刑執行を公にするんでしょうねー・・・・嫌だぁ。。

今は駐車だkで死んでしまうものもありますが、日本はまだ絞首刑なんですね。
あーあ。。。暗くなるからやめよう、こんなネタは。。。

2018年10月01日

エポスについて

知り合いにエポスカードについて聞かれたのですが、私もすごくワしいわけでもなく。
空港のラウンジが使えるんです、このカードをもっていると。
エポスって聞いた事がない人も多いようです。
エポスならなんでもいいかってそうではなくて、これの「ゴールド」じゃないと空港ラウンジは使えないんですねー。
だから「エポス?持ってるよ!」って普通のを見せても入れない。
光り輝いてないと、です。

年会費はあるのですが、裏技(??)があって、最初の都市に50万円以上の買い物をしたら、
なんとあとはずっと年会費無料に!
これはいいでしょ?
皆これをやってるようです。
または、時々、そのカード会社からキャンペーンのお知らせがきて、
そこでエントリーすると永年年会費が無料になるというサービスもあるみたいです。
こういうのを賢く使うといいですね、皆賢いなー。

というわけで、空港のラウンジを使いたい人はこういうことをすると使えます。
便利ですよ、ゆったりできるし。

エポスが一番いいようなので紹介しましたが、すごいカードのゴールドを持っていたらエポスを持っていなくても利用できるし、カードなんかなくても「顔」で入れちゃうような人もなかにはいるでしょ^^??

空港なんて時間ギリギリまで行かないって人はいいですけど、
少しでも時間があったら、こういうラウンジでノンビリすると、飛行機に乗っても疲れ方は違いますね。

皆さんが快適な空の旅ができますように!

2018年09月01日

色が白く!

もともと色は白くて人から羨ましがられますが、そんな肌に異変が。
マイケルジャクソンさんがそうだったようですが、肌の一部がさらに白くなってきて、
なんだかコワイ、、、。

もともと白いので目立たないけど、それでも嫌なものは嫌ですねー。
白さが違うの、まっしろ!!・・・・なの。

今はまだ小さくて数も少ないけど、これが広がっていって数も多くなっていったら、、、と思うと。
今のうちに医者に行こうと思いますが、そうだ、って言われるのもコワイ。
そうじゃない、だったら、
だとしたら何ですかこれは!!
、、、です。

足とかで、まだ人目にはつかないのですが、、、はぁ、、、溜息。

色がしろくなるために皆はいろいろな努力をしていますが、こんなことになるなら、
とにかく自然でありたいと思うものですよ、ほんとうです。
肌の疾患って悩みます、なにも無理にお金かけてしろくしなくてもいいのだ。
それで本当にしろくなるわけでもないでしょ?
だから肌を白くするために化粧品ジプシーするんだもんね。

わたしのように悩むよりも、とにかく自然でしましょう。
顔に出来たシミは確かに嫌ですが、無理にとろうとしないでくださいね。
私からのお願いです。

病気になってしまうよりもよほどいいのです。

2018年08月01日

マット・デーモン

マット・デーモンという俳優さんがいて、最近は顔みたら
「あ、よく出てる人!」
ってくらい有名になってきました。

彼が出てる映画のなかで興味があるのは「グッド・ウイル・ハンティング」。
ロビン・ウイリアムズも出ています。

マット演じるウイルは、孤児でした。
養父に虐待のあっていて、それが心を閉ざすことになったんです。

でもすごい頭が良くて、天才。
どんな難しい問題でも解くし、読んだ本は暗記してるくらいのすごい人。
それを生かさないで工場などで働いてしまうんです、
しまう、というか、それがいい、としている人。

天才ぶりを見抜いた教授がなんとかしてその才能を発揮しようとするんだけど、
それには「カウンセリングを受けろ」とううことで、
そこで現れたのがロビン・ウイリアムズ。
ショーンっていう名前で出ます。
いつもながらすごい演技です。

この映画、原作を書いたのはなんとマット・デーモン(と友人)なんです。

みずから台本を売り込みにいったんですって。
なので映画そのものもすごいんだけど、そういう裏話がまたすごい、
当時は有名ではなかったんだけど、この映画で有名になりました。

マット・デーモン、、、知ってるでしょ?
恰好いい、、、とまではいかないかもですが、どことなくディカプリオに似てますよ。
是非見てみてくださいね。

2018年07月01日

テスト

いくつになってもテストというのは嫌なものですが、
今日はビジネスで使うABテストの事。

あ、そういえば、ちがう意味でテストが来週ある、、、ごくり。。

元に戻そう。
ABテストですが、ビジネスしてたら絶対しなくてはいけないこと。である。

A/Bテストは、2008年にオバマ大統領が活用して200 億円の資金を集めた例が有名みたいです。
でも私はこれをよく知りません(あとで調べてみます)、

AとBのことをして、テストしてみる、というシンプルなもの。
どちらがいいのか反応を見るためにやるんですね。

これを、どこの企業もやっているんです、我々は知らずにそれをされているってわけ。
でもいいのじゃないかな、別に騙されてるわけでもない、
AとBがあってどっちが気になったかを、知らず知らずのうちに
その会社に提供してるってだけです。あはは。

これをいろいろやっているのですが、私の場合、AもBもなんだか同じで面白くない。
もっと変化をつけてみなくてはいけないらしい。

難しいね。。

来週のテストのことを考えてる方がいいかも(?)。

2018年06月01日

ゴーン・ガールを見たかな?

家族が買ってきたDVDだか、録画かな、、、で見た映画
「ゴーン・ガール」
何も知らなくて見たんですけど、こわーーい。。。
もう見たくない映画です。

怖いといってもホラーじゃなくて(ある意味ホラー)、
ある女性がまんまと旦那さんを騙すんだけど、そのやり方がすごいの。
頭がいい。

まるで自分は殺されたかのように見せかけて疾走。
だから「ゴーン・ガール」なんだと思う。
ストーリーの折り返し地点で、事件のすべてが奥さんが計画した旦那さんへの復讐だとわかるまで、
奥さんは主人公のことを純粋に愛している女性って描かれています。

この人、どこかで見たことある、、ってずっと思いながら見てたんですけど、
あの「プライドと偏見」のジェーン役の女優さんだ!
なんだか顔が違った感じになりましたねー。

とはいえ、まったく違う役柄だからかもしれません。

もう見たくない映画ですけど、あの執念ぶりと、頭のいいやり方のところは見習いたい(!)ので、
うーん、、もう一回見るかも!!笑
いや、、、みないかな、、、ちょっと気持ち悪い。。

2018年05月01日

ハリー・ホワイト

スパイといえば、ハリー・ホワイトっていう知り合いがいました。

アメリカが提出してきた「ハル・ノート」は、日本にとっては寝耳に水、
予想もしないものでした。
そして日本政府には、目がくらむほどの絶望感が走ったのです。

その対日要求は、中国大陸や、仏領インドシナから日本の軍隊を引き上げるなどが、要求のおもなものでした。

ハル・ノート、、、知っていますか?

アメリカの言い分は、日本がこれらの要求をすべて呑めばABCD包囲網を解く、
というものではなかったのです。
日本がこれらの要求を呑んだら、
ABCD包囲網をどうするかという話し合いに応じる、
というものに過ぎませんでした。

だけど、ビジネスの世界でもそうですが、人と交渉して相手に妥協を求める際には、
自分のほうでもそれなりの妥協を用意しなければならないものです。
国際政治の舞台でも同様のはずです。

ハリー・ホワイトはスパイですが、ハルノートはある意味素晴らしい(?)。

2018年04月01日

ユーチューバー

人気のユーチューブ。
これでお金を儲けてる人もいるけど、ほんの一握りでしょうね、これで生活出来てる人って。

どうなっているのかよく分からないけど、難しいし、
批判する人もいますね。

”YouTube 稼ぐ”というキーワードで検索すれば怪しいブログが腐るほどでてきます。
この手のブログは、誰でも簡単に稼げるという事を強く強調します。
そして、HIKAKINさんなどTopYouTberの名前をだして
もの凄い稼いでる人もいるのです!と
YouTubeの良い面だけを見せてくるのです。

そんなブログをよくよく読んでいくと、
結局は高額な情報商材の紹介がしてあります。
それか、メルマガ登録を進められます。

これはメルマガで有益な情報を与えますよということなのですが、
結局はメルマガでYouTubeがどれだけ稼げるかを説明されて、
最終的には高額な情報商材を買いませんかというメールが送られてくるだけです。

情報商材を買うか買わないかは個人の自由ですが、
このような情報商材というのは大抵その情報商材を売る側が儲かるだけで、
情報商材を買う側はいいカモにされて終了です。

、、、うーん、、、だとしたら、これで儲けようなんて思わないほうがいいのかな。
っていうよりも、そうですね。
やめましょう(笑)!

2018年03月01日

美肌!

芸能界の人達は、日ごろから見られる仕事で、気を付けているっていうのもあるけど、
とても肌が綺麗でいらっしゃる。

とある女優さんも綺麗で、
インタビューでは

10~20代前半まではニキビに悩んでいたし、
肌トラブルがまったくなかったわけではないんです。
だから肌に負担をかけないように仕事が終わったらすぐにクレンジングしてました。

家に帰ったら即、拭き取りタイプのクリームクレンジングでメイク落とし。
拭き取りの時は、乾いたコットンは絶対に使わず、
水を含ませたコットンで優しくするように心がけていたことも、
今考えるとよかったです。

お仕事でお会いするヘアメイクさんたちに保湿は大事だよって教わっていたから、
化粧水や美容液でしっかりケアもしていました。

って語っていました。
これ、誰もがやっている事ですよね。
でも差が出るのはどうして??

高級なもの使っているから?
うーん、それだけかなーー?
やはり、お手入れにはお金もかけているはず。
お金かー・・・・・・・・・。